豊田市cafe555いってきたよ!2つの顔をもつお洒落カフェ

豊田市のカフェ「cafe555(カフェファイブズ)」へ行ってきました。

地産地消をテーマにしたビジネスカフェ!

…ですが、女性が好きそうな全然おしゃれ感もありました。

スポンサーリンク

2つの顔をもつカフェ。豊田市cafe555で軽い打合せ

cafe555(カフェ ファイブズ)は、2017年にオープンしたおしゃれなビジネスカフェ。

豊田市美術館の近く、エディオン目の前にあります。

「カフェ ゴーゴーゴー」と読みそうですが、カフェ ファイブズ。

車のナンバーが映ってしまうので、微妙なトリミングですが、

車の街・トヨタなだけあり、駐車場も広々。

お店の前と横にあり、台数としては…10台ちょっとは止めれそう。

2つの顔をもつカフェ

公式サイトには「豊田市初のビジネスカフェ」と書かれていますが、私は2つの顔を持つカフェだと思いました。

・ビジネスカフェ
・おしゃれな地産地消カフェ

順番に印象的だった所を揚げていくと…

ビジネスカフェとしての機能

まずはメインのビジネスカフェとしては…

・全テーブル電源完備!
・free-wifiあり
・コピー&プリント&FAX複合機あり
・商談や打ち合わせに使える個室あり(要予約)

全テーブル電源完備だったので、ノマドワーカーにもよさそう。

お得すぎるレンタルスペース

個室もチラリと見せてもらいました!

3種類あり、最大18名の大きめ個室ではプロジェクターを使ったセミナーが開催されたこともあるとか。

1時間600円。
名古屋にあるコワーキングスペースもこれ位の所があったような…。

1ドリンク注文制ですが、それでもこんなキレイなカフェのレンタルスペースとしては嬉しい金額(予約制)。
※記事作成時の金額です。

注文したカフェラテ。
ボルドー色が入った、こげ茶色の器が素敵です。

ビジネスカフェなのでテーブルとテーブルの間も広め。
隣のテーブルの話し声が聞こえすぎる、という心配もさほど無し。

ただ、私が行ったのは日曜の昼過ぎ。
ビジネスよりも「おしゃれカフェ」として来ているグループが多めな印象でした。

おしゃれな地産地消カフェ

カフェ 555は「ビジネスカフェ」と銘打っていますが…

個人的な印象は、おしゃれな健康系カフェ。

ビジネスライクな無機質感は皆無といってよいレベル。

お店の外観もおしゃれ。

天然の木と観葉植物、屋根の高い店内は心地よく、広々とした印象。(店内写真は撮り忘れました…)

木製のお皿がかわいいインスタ映えするケーキ。
(ケーキは1つ350円)

地産地消のこだわりポイント

カフェ555は、メニューや素材にもなかなかのこだわり。

こだわりメニューの例
・豊田市内の大橋園芸玄米100%のリゾット
・愛知三河産のみかわもち豚の自家製ベーコングリル
・国産鶏もものグリル
・オーガニック紅茶
・自家製ジンジャーエール
・国産りんごジュース
・天然塩

一番スゴイと思ったのが「塩」!

家ではもう精製塩は使ってないのですが、天然のお塩にはミネラルなんかも入ってるんですよね!

カフェ555では、天然の厳選塩が使われているのもミソ。
※健康に気をつけたい時、最もコスパがいい最初の一歩は、天然塩に変える事な気がします。

ハーブティーを迷っていたら、お店の方が香り見本を持ってきてくれました。

ランチ・ディナーともにオシャレ系。
女子には丁度良いかもですが、ガッツリ食べたい時には違うかも。

近くにあったら行きたいですが、残念なことに気軽に行くにはちょっと遠い…。

ただし、こだわり食材のお店が好きな私としては大満足でした。

CAFE555/カフェファイズ
・愛知県豊田市小坂町9-84
・10:30〜22:30
・年中夢休
・豊田市駅から徒歩25分程
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする