キジバトの鳴き声「プン」には2つの真逆の意味があった!

キジバトがたまに発する「プン!」という鳴き方。

ハトが「プンッ…」?

この鳴き方の意味には、正反対の2つの意味合いについて書きました。

スポンサーリンク

キジバトの鳴き声「プン」には正反対の2つの意味!

デッデー、ポッポー!
デッデー、ポッポー!

リズミカルな鳴き方で知られるキジバトさんですが、「プン!」と鳴く時もあります。

キジバトがプン、、、。

本を読んだり動画を見ると、「プン」には真逆の意味合いを発見しました。

プン!の聞こえ方バリエーション

人によって「プン!」を表現する文字は違いますがニュアンスとしては…

・ポン
・プンッ
・プン!
・プー!
・ブウ
・ブンッ!
・プーッ

「オナラみたい」で可愛いですね。

「プン」にある2つの意味

プンには、求愛と威嚇が見られます。

【求愛】プン!→ 頭を上下する

「プン」の意味1つ目は「求愛」です。
一般的には「求愛」が有名だと思います。

「プン!」と言ってから、頭を上に下に動かしたら求愛行動です。鳴くのはオスの方です。

喉元を膨らまし上下に揺らしながら「ヒューヒュー」とか「ブーゥワッ、ブーゥワッ」との鳴き声をリピートすのも、求愛の鳴き方。

ユーチューブ動画では、「プン!」を合図に求愛が始まり、首の上下運動が本格化するバリエーションも。

求愛確定の行為
「プン」と鳴いたハトが、さかんに首(喉元)を膨らまして上下に動かす。

※求愛でも、上下運動まで辿り着けず「プン!」だけでフラれることもあるぽいです。

残念…。

【威嚇】プン!

メジャーではないですが、ハトの「プン」は、威嚇の意味も見られます。

Youtube動画には、「プン!」と相手ハトの毛をクチバシでむしり取る動画も。(羽根が数枚飛び散っていました…)

これは、「求愛」ではなく、明らかに「威嚇」ですね…。縄張りを侵されたのでしょうか。

この他、「日本野鳥の会筑豊支部」のHPには、野生リスとケンカをする時に「プンプン」とさかんに鳴く様子も記述されていました。

↓紹介ページ

http://yacho.org/cbird/pages/4_kazakiri/tanaka/tanaka56.htm

威嚇の「プン」は、文字通りにプンプン怒っている感じですね。

鳴き方でコミュニケーションするハト

「プン」の正反対の意味、求愛と威嚇。

意味は真逆ですが、興奮気味な時、種の存続に関わる時の鳴き方という共通点はありますね。

カラスや鳩って、旧約聖書「ノアの方舟」物語や、8世紀の書物「古事記」にも出てくる人間歴史にも馴染み深い鳥。

デーデ、ポッポーという鳴き方が有名ですが、新しい鳴き方も発見されるかも…!?

キジバトの鳴き声が中途半端で萌える。鳩の鳴き方の意味と種類
デー、デデ、ポッポー デー、デデ、ポッポー デ、、、、。 キジバトの鳴き声が中途半端で萌える。鳩の鳴き方の意味と種類 でーで...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする