桜はなぜピンク色?バラやカーネーションと同じアレが理由!

「桜の花がなぜピンク色なのか」

すこし科学的な話になりますが、専門用語ほぼナシで分かりやすくまとめました。

桜の花がピンクの理由は、身近なあの花と同じだったんです。

スポンサーリンク

桜はなぜピンク色?バラやカーネーションと同じアレが理由!

春になると花を咲かせる桜は、古くから日本人に愛されてきた花です。

淡いピンク色の桜が一面に広がる姿は美しいですが、桜の花はなぜピンク色なのでしょうか。

素朴な疑問ですが、調べると面白いことが分かりました。

ピンク色以外の花が咲く桜もある!

桜の花がピンク色の理由を解説する前に…

実は、桜にはピンク色以外の花を咲かす品種もあります。

日本には600種類以上の桜があります。
最もメジャーなのはソメイヨシノの淡いピンクですが、ピンク色以外の色の例としては、こんな色があります。

濃いピンク

八重桜、寒緋桜(カンヒザクラ)同じピンクでも濃いピンク。こひがん桜やエドヒガン、河津桜も濃いめの花を咲かせます。

白い桜

桜餅に葉っぱが使われる大島桜(オオシマザクラ)は白い桜の花を咲かせます。

この他、ササベザクラや白妙(シロタエ)等があります。

黄緑色の桜

御衣黄(ぎょいこう)と呼ばれる桜の花は、珍しい白っぽい黄緑色。

最初は黄緑色で、開花後にだんだんと赤くなっていく変化を楽しめる珍種です。

黄色い桜

数多い桜の中でも、唯一黄色い花を咲かせる「鬱金桜(うこんざくら)」。

4月中旬頃の遅咲き桜で、「黄桜」「浅葱桜」などの別名を持ちます。

桜はなぜピンク色?

ここからが本題です。

桜の花はなぜピンクなのか…。

結論を言えば、植物色素「アントシアニン」があるからピンク色になります。

もう少し詳しく書くと…

ピンク色を作る色素「アントシアニン」

アントシアニンは、植物色素のひとつです。
赤系・紫系の植物の多くにはアントシアニンが入っています。

アントシアニンは、ブルーベリー、いちご、リンゴ、ぶどう、ナスの皮、紫芋やイチゴ、紫陽花(あじさい)などにも含まれている身近な色素。

桜をピンクにするアントシアニンの種類は…

アントシアニンにもいくつか種類があります。

桜の花をピンク色に染めるのは、「シアニジン-3-グルコシド」というアントシアニン色素。

カーネーションやバラも、このシアニジンが赤色に関わっています。

桜の色がピンク色の理由まとめ

身近な科学のような話になりましたが、面白いですね!

2018年の桜は、寒気の影響で少し遅めとなるようですが、2月末の早咲きから5月ゴールデンウイーク頃まで咲く遅咲き桜まで、お花見を楽しみたいですね!

ピンク色の桜の花は開花後に白っぽくなる理由は、次の記事で書いていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする