洗濯マグちゃんの効果がなくなった?時はコレだけで回復!注意有

洗濯マグちゃん、ランドリーマグちゃんの効果が薄れた気がする…。

そんな時には、台所のあの調味料で復活します。

ランドリーマグちゃん・ベビーマグちゃん・洗濯マグちゃんのケア方法と注意点をまとめました。

スポンサーリンク

洗濯マグちゃんの効果がなくなった?と思ったら試すこと

・前はなかったニオイがするような…

・マグちゃんの洗浄力が落ちた…?

そんな時は、リアルに洗浄力が落ちている状態かも。

洗濯槽や排水管、ホースのヌメリまで取れちゃうマグちゃん。

1個で1年使えるうえ、アトピーや敏感肌にも優しいランドリーマグちゃん・ベビーマグちゃんですが…

マグネシウムが酸化すると洗浄力が落ちます。

具体的には

・水や空気に触れる
・塩素が多い水道水は、より酸化しやすい

つまり、普通に使ってたら酸化するんです。

※でも、全然減らない人もいるみたいです。洗濯時にうまい具合に擦れて酸化皮膜が取れることもあるようです。

美容のために、抗酸化作用を狙ったサプリメントや化粧品もありますが、身体も酸化するし、ベビーマグちゃんも洗濯マグちゃんも酸化します。

酸化すると、ピカピカのマグネシウム表面に酸化皮膜ができて、水素ができづらくなります。

でも、この酸化を戻すのは観覧♪

酸化したマグネシウムを元に戻す方法

台所にある「お酢」を使えば、元のピカピカ状態に戻せます。

水で5〜10倍に薄めたお酢(or クエン酸)に、10〜20分ほどマグちゃんを浸すだけ!

マグちゃんを取り出し、水の中で揉むと白濁したのが出るのでソレで終了です。

【重要】
20分以上つけると、大切なマグネシウムも溶けます!
寿命が短くなるので20分以内にしましょう。

毎日使用だと、水道水なら2週間〜1ヶ月位で酸化しやすいようです。

※水道水の塩素濃度が強い地域だと、早く酸化するかも?
私の家は、水道管自体に浄水器的なのを設置してるので塩素除去されるぶん、酸化しにくいため全然平気です。

注意点!

お酢やクエン酸に浸すときには、必ず薄めてからマグちゃんを浸します。

薄めないと、身体に悪そうなイヤ〜なニオイがするので、身体にもよくないかと。

※必要以上に水につけていると、マグちゃんは酸化しやすいです。数ヶ月ずーっとキレイに洗えている友人もいるので、洗濯方法・環境で違うようです。

アトピーや敏感肌は、食品添加物・化学物質・残留洗剤が一因な事もあるので、ナチュラルなマグちゃんは嬉しいですよね♪

オーガニックコットンも洗えるのもいいところ!

オーガニックコットンって、高いんですが一度でも合成洗剤を使うと「オーガニック」では無くなるんですよね…(合成洗剤って、本当はすすぎ2回でも完全には落ちきらないらしいです!)

マグちゃんは洗濯液を万が一飲んでも安全なのはかなり嬉しい!

この注意点だけ気をつければ、マグちゃんは快適に使えますよ〜!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする