マグちゃん3種類の決定的な違いは超シンプルにコレだけ!

エコな洗濯として愛用しているマグちゃん。

洗たくマグちゃん・ベビーマグちゃん・ランドリーマグちゃんと3種類あります。

違いを調べると、以外にも、めちゃくちゃ単純なコレだけでした。

スポンサーリンク

マグちゃん3種類の決定的な違いは超シンプルにコレだけ!

結論を先延ばしにしてもアレなので一言でいうと…

決定的な違いは「量」だけ!

洗濯マグちゃんとベビーマグちゃんの決定的な違いは量です。

それぞれ内容量は…

・洗濯マグちゃん:50g
・ベビーマグちゃん:70g
・ランドリーマグちゃん:100g

成分はどちらもピュアマグネシウム99.95%、販売会社も液性も同じ、洗浄消臭効果が約1年なのも同じ!

量が違うことで、この2つに違いが出てきます。

・金額
・洗浄力

マグネシウムの量が多い方が洗浄力も上がるため、こんな感じになっています。

◎洗濯マグちゃん50g→洗剤との併用推奨

◎ベビーマグちゃん70g→洗剤なし推奨

◎ランドリーマグちゃん100g→洗剤なし推奨

※見た目(形)は違いますが、パッと見ですぐ分かるので、あえて取り上げていません。

すすぎ不要なマグちゃんは1年で5000円の水道代節約にも!

1つ300回使えるマグちゃんですが、洗剤代だけでなく水道代も減らしてくれるんです。

というのも、マグちゃんだけなら、すすぎ不要!

つけ置き→洗う→排水→脱水で完了。洗剤や柔軟剤を入れなければすすぎが要らないので、水道代の節約にもなります。

具体的には、1回のすすぎで使う水量が60リットルなら、1年で5000円以上は水道代が安くなるんです!(東京の水道代で1日1回すすぎをする計算)

節約できるすすぎ分の水道代でマグちゃんが買えてしまうという…。

マグちゃんだけで洗濯したいなら、ベビーマグちゃん!

ということで…

・マグネシウムだけで洗濯したい!
・洗剤は使わずいきたい!

なら、迷わずベビーマグちゃんでいきましょう。

(というか、洗濯マグちゃんを買う意味…?どーせある程度の金額で買うなら、洗剤不要でOKなベビマグちゃんのが圧勝しか考えられない…)

※塩素系漂白剤と一緒に使うのはNGです!
酸素系漂白剤ならOKです。

楽に簡単エコ洗濯♪

2-3年ほど前から重曹やナチュラル系洗剤に変えたのですが、色々とコツが必要で多少試行錯誤しました。

その点、マグちゃんは入れるだけなのが本当に楽!面倒くさがりな私でも楽ちんです。

あと、、一度ナチュラルな洗剤に慣れると、柔軟剤や洗剤の合成香料のニオイが気になるものですね…。前は気にならなかった、すれ違う人からの柔軟剤や合成香料の香りが密かにキツイ…。

マグちゃんは、エコで水道代も減る上、敏感肌やアトピーにも優しいのでかなりオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする