クリスマスローズだけじゃない!受験生応援・合格祈願に良い花3選

1年で1番寒い季節にやってくる受験。

センター試験日も雪が降るなか、合格という春へ向けて頑張る受験生へ贈りたい花を紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスローズだけじゃない!受験生応援・合格祈願に良い花選

2月2日のNHK「あさイチ」では、受験生に縁起のいい花として「クリスマスローズ」が特集されていました。

園芸研究家の村上敏さんもコメントされていましたね。

まずは数年前のニュースでも取り上げられてたクリスマスローズの紹介、つづいてクリスマスローズ以外の受験生を応援する花を紹介します。

クリスマスローズが受験生向きな花の理由2つ

クリスマスローズが「合格の花」となった理由はこの3つ。

・花が落ちても「がく(学)」が「落ちない」こと
・「がく」のカタチが「五角形」なこと
・開花時が1月〜3月なこと

クリスマスローズには、パット見は花と思しき5枚のガク片があります。中心部分の花は落ちてもガク片だけは落ちないのです。

ガク片の枚数は5枚で五角形=ごかっけい=ごかく=合格。花に見える部分は「ガク片」、長く持つのも愛される理由です。

2018年1月25日のフジテレビの木曜劇場ドラマ「隣の家庭は青く見える」では、深田恭子さん演じる奈々たちが雪中のクリスマスローズに苦境を重ね、希望を見出していましたね。

クリスマスローズの種類はどれがいい?

上記の由来を持つことから、受験合格のためなら、ガク片が5枚のシンプルな一重咲きが良いでしょう。

合格の由来くらいで良いなら、少しシャレた八重咲きもありますが、ガクが2重〜3重なため、純粋な「5枚」ではないです。八重咲きはアレンジ向きです。

クリスマスローズだけじゃない!受験生や合格祈願向きな花選

合格祈願に贈られる花は、クリスマスローズだけではありません。クリスマスローズ以外の、受験生応援・合格祈願にちなんだ花とその由来を紹介します。

縁起の良さから「合格の花」と呼ばれるラナンキュラス

「合格の花」として有名なラナンキュラス。

まだ気温の低い早春、受験シーズンに華やか豪華な花を咲かせる縁起の良さから「合格の花」と呼ばれ、フラワーショップでもディスプレイされています。

1年で最も寒い季節に見かけるボリュームのある花です。花言葉そのものが「合格祈願」や「学業」なのではなく、その姿に由来します。

マーガレット

クリスマスローズは「ガク(学)が落ちない」でしたが、マーガレットは「花が散らない=花が落ちない」。

マーガレットは、花びらが散ったり落ちたりしないという珍しい特徴を持っているのです。

香川県三豊市のマーガレット産地では「”落ちない花” マーガレットで受験生応援」という活動もあるほど。

清楚な美しさが好きな女の子にはマーガレットもオススメです。

ペンタス

花言葉は「望みが叶う・希望が叶う」
合格祈願や受験生応援として紹介する中では1番マイナーですが、星のような5枚の花びらを持っています。

「流れ星に願いごとをすると叶う」という言い伝えから、「希望が叶う」との花言葉がつけられました。

花の名前「ペンタス」はギリシャ後の「Pente(数字の5)」を意味するため、わずかに「合格」の文字面とも似ています。

縁起の良い花言葉

◎ガーベラ/希望・常に前身
◎コチョウラン/幸福が飛んでくる
◎カキツバタ/幸せは必ずくる
◎月桂樹/勝利
◎モンステラ/嬉しい便り
◎サザンカ(山茶花)/困難に打ち克つ
◎アヤメ&アイリス/良い便り
◎スイートピー/門出・優しい思い出

もう少し幅を広げるとこんな植物たちも…。

◎イチイの実
◎トルコキキョウ「希望」

小学校受験・中学校受験・大学受験では太宰府や「学問の神様」で有名な湯島天神のお守りも良いですが、見るだけで気持ちがパッと晴れる花を贈るのもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする