ドライフラワーの花言葉は変わる?プレゼントに贈るのはOK?

ドライフラワーの花言葉は変わるのでしょうか。

生花にはそれぞれ花言葉があります。

プレゼントでドライフラワーを贈るときに注意したいことなどです。

スポンサーリンク

ドライフラワーの花言葉は変わる?プレゼントに贈るのはOK?

ドライフラワーの人気が出てきていますね。
ボタニカルなナチュラルインテリアにもぴったりで、管理の手間もいらないので、贈り物に選ぶ人も増えています。

代官山のCOCO BOTANICAL(ココボタニカル)とか、素敵なドライフラワー専門店も各地に増えているし、おしゃれなドライフラワーは、プレゼントに贈りたくなります。

ふと、ドライフラワーに花言葉があるのか気になって調べてみました。

プレゼントとしてのドライフラワー

そもそも、ドライフラワーはプレゼントに適している?失礼な意味はあるの?という疑問ですが…

プレゼントとして送ってもOK!が答えです。
実際、楽天やアマゾンでも、プレゼント用としてドライフラワーのブーケやスワッグが販売されています。

ケミカル成分のない、天然アロマで香り付けされたものもいいですよね。

ドライフラワーの花言葉

肝心なドライフラワーの花言葉についてですが…

結論からいうと、「日本では、ドライフラワー独自の花言葉はない」です。

ただ、花言葉が国や場所で違うように、ドライフラワーも国によっては花言葉がつけられています。

例えば…

フランスではドライフラワーに「永久に・感謝・終わりのない愛情」といった前向きな花言葉がつけられています。

欧米では、ドライフラワーは永遠の命があることから縁起がよいものとされているので、花言葉も良い意味ですね!

ドライフラワーを贈るときに注意したいこと

気心の知れた人にドライフラワーをプレゼントする時は良いのですが…

注意したいのは、距離感が結構ある人に送る場合。

ドライフラワーは、風水では「死んだもの」として運気を下げる意味があるそうです。風水などを気にする人なら、やめておく方がよさそう。

また、ドライフラワーの人気はここ最近のことです。
新しいものなので、伝統を大切にする方や新しいモノが好きではない方にも贈らない方が無難。

ドライフラワーのプレゼントをするなら、花言葉はこう選ぶ!

欧米では、「永遠の愛」につながるものとして、ウェディングブーケに使われることもあるドライフラワー。

日本では特有の花言葉を持ちませんが、花言葉が気になる場合は、生花の花言葉が縁起のよいものを選ぶと間違いがないですね。

花言葉など気にしない人なら好きな花を選んでOK!

通販でも、おしゃれなブーケやスワッグがありますよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする