オーガニック派に!野菜洗剤おすすめランキング

残留農薬の除去に嬉しい野菜用洗剤のおすすめをまとめました。

毎日使える金額&化学物質なし!

安心な食事に役立つ

スポンサーリンク

オーガニック派に!野菜洗剤おすすめランキング

すべての野菜を無農薬や有機栽培(オーガニック)にできたら良いのですが、予算的に厳しい…。

そんな時のお助けアイテムが野菜用洗剤。

野菜や果物の表面についた、農薬やポストハーベスト(薬剤)って、水だけでは落ちないんですよね…。

そもそも、農薬はベトナム戦争で使われた「枯葉剤」的なもの。色々と知ってしまったら、やっぱり避けた。

かなり驚いたのですが、いまだ残留農薬除去が「あやしい」と思う人もいるんですね…。たしかに、でも変な商品も、そのうち出てくるかも!?

野菜用洗剤の選び方

・化学物質
・続けられる金額

いくら農薬や薬剤をとるためとはいえ、そのために別の化学薬品・ケミカル物質を使うのも避けたい。新たな何かを生みそうですし、天然成分でないと私としては使いたくありません。

また、続けられる価格というのも大切。
毎日、料理の時に使うから継続できるある程度のコスパも必要。

そして、それこそ「あやしい」のは私もイヤです。
そんな目線で選んだとき、知識の豊富な先輩からオススメされたこの2つが個人的には気に入っています。

ベジセーフ

水と炭酸カリウムから作られるベジセーフは、食品洗い専用のアルカリイオン水。

シュッシュっと吹きかけるスプレータイプの化学物質不使用の農薬落としです。

ベジセーフに含まれるマイナスイオンの成分が農薬や展着剤などの薬剤に含まれるプラスイオンに吸着し、物体から引き離すことで汚れを落とすことができます。

http://n.vegesafe.jp/?ad_code=000003

公式サイトでは、ベジセーフ使用前・使用後の、成分分析結果もしっかり公表されています。

農薬落としだけでなく、アク抜き・鮮度保持にも使えます。
名古屋だと、東急ハンズでも見かけましたよ〜!

※炭酸カリウムは、植物の灰分中にもある食品添加物。豆腐などにも使われています。

・400ml 1,620円(スプレー1,200回分)
・公式サイトでは、お得な定期コースもあります。

ホタテ洗いたい放題

ホタテ系の野菜洗剤はいくつかありますが、水に溶かして使うパウダータイプもオススメ!

原材料は、ホタテ貝殻焼成カルシウムのみ。
科学的には水酸化カルシウム製剤ですが、普通にホタテの貝殻から作られるパウダーです。

250g 2150円。

1回分の使用目安が1gなので、1袋で200〜250回程使える計算に(1日10〜20円)。

コスパが良いのは嬉しいところ。
もちろん放射能検査もクリアしています。

アルカリにすることで汚れを

使い分けとしては…

・忙しい人はベジセーフ
・コスパ重視ならホタテ洗いたい放題

安心して食べられる野菜が増えますように♡

ベジセーフはシュシュッとするだけですが、ホタテ洗いたい放題は、水に溶かして野菜を30程つける手間がかかるからです。

紹介したのは私が気に入っているものですが、2つ以外にも良いものはあると思います。

自然食品店などで聞いてみるのもよいかもしれません。
「ホタテのおくりもの」とかも気になりますが、上記2つで事足りている…。

野菜用洗剤は、野菜や果物の表面についている薬剤(主に石油系)や汚れを落とすものです。内部まで入っているものや吸収されたものには、何もできません。

だからこそ、無農薬や本物オーガニック野菜が増えたらいいですよね…!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする