スーパーに本物の純粋はちみつが少ない明らかな理由

純粋な本物のはちみつが食べたい!

…と思っても、探してみるとなんか大変。

本物のはちみつが少ない理由

スポンサーリンク

栄養たっぷりな純粋ハチミツ

純粋ハチミツは、ミネラルや栄養がいっぱい。

ビタミンやカルシウム、カリウム、鉄、アミノ酸やクエン酸など、実に150以上もの栄養素があることが分かっています。

美容のためのハチミツなら、断然「純粋ハチミツ」がオススメです。

ハチミツは大きく分けると3種類!

市販のハチミツは、ザッと大きく分けると3種類あります。

・純粋ハチミツ
・加糖ハチミツ
・精製ハチミツ

3種類の特徴

3種類の特徴をザッと書くとこうなります。

◎純粋ハチミツ
加工処理ナシの天然100%。
国際基準は水分量20%以下、濁りがある。

◎加糖ハチミツ
はちみつに、水飴・ブドウ糖・ショ糖などの甘味料を加えたもの。天然ハチミツは60%以上。

◎精製ハチミツ
加熱処理後に、脱色・脱香加工して精製されたハチミツ。
パッケージのどこかに「精製」の文字があります。

1番簡単な見分け方

最も簡単な見分け方は、ハチミツの後ろのラベルを見ること!

原材料に「はちみつ」以外の表記があるものは、純粋ハチミツではありません。

はちみつ以外の表記は、すべ後から加えられた甘味成分なので、美容にもダイエットにもオススメはしません…。

(甘味料の例)
水飴・ブドウ糖・ショ糖・果糖ぶどう糖液糖・グルコース・フルクトース・コーンシロップ・異性化糖などなど…。

ただ、コレをクリアすれば「純粋はちみつ」かといえば、そうとも言えません。

駄菓子菓子(だが、しかし)!

日本では、「純粋はちみつ」のボーダーラインが結構グレーで審査もゆるめ。

本来ならば「純粋」ではない、加熱処理されたり甘味料がプラスされても「純粋 はちみつ」として売られていることもあります。

本当に「純粋」だったとしても、過去に残留抗生物質の問題があった産地があったり…。

本物の純粋ハチミツの見分け方

日本で売られている「純粋はちみつ」は、一定基準こそあれ、リアルはいくらでも抜け道がある状態。

濁りや泡立ち、結晶化、紅茶に入れると黒っぽくなる等の見分け方もありますが、素人には高難易度で、買ってみないと分からない。(都市伝説かもしれませんが、一説では市販の99%が水飴入りとかどうとか…。)

安すぎるものは要注意

値段はある程度の質を表わします。

コストカットせず丁寧に作られたハチミツには、それなりの価格が必要。本物だと、数百円で大ボトルは無理かなと…。

あまりに安い蜂蜜は「純粋はちみつ」と書かれていても要注意です。

顔の見える養鶏場から購入する

一番のオススメはトレーサビリティーの分かる信頼できる顔が見える養鶏場から買うこと。

難しい部分もありますが、賢い消費者が増えれば、本当の意味での「純粋はちみつ」も増えていくはず。

ハチミツ専門店で輸入ハチミツを買う

イタリアやドイツでは、ハチミツの法律が日本より厳しいので、本物の純粋ハチミツに出逢える可能性は高め。

「ニセモノ」を好むのは誰?

本物のハチミツが少ない!
何でないんだ!!

…といっても、作る側からしたら売れるもの。

利益がないと失業者を出すことにもなりかねない企業としては、売れるものをつくるのが命題。

純粋なハチミツが少ないのは、多くの消費者がソレを求めているから、なんですよね〜。

去年のザ・漫才のウーマンラッシュアワー的ダークさのある締めとなりましたが…

余談:「純粋な」小麦粉・餃子の皮も減っている件

同じ視点から見たとき、「純粋な」小麦粉や餃子の皮、春巻きの皮も減っています。

水あめなどが入っている餃子・春巻き・シュウマイの皮はかなり多いです。

ダイエットやお肌のためにスナック菓子を減らしても、意外な所で砂糖を取っていた…なんて事も。

市販の加工品は、ほとんど砂糖入りなので、美容と健康に気をつけたいなら、原材料チェックがオススメ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする